投資用物件の任意売却をお考えの方へ

投資用物件の任意売却は名鉄にお任せください!

一棟収益マンション・アパート・貸家・投資型ワンルームマンション でも、任意売却で解決できます。

このまま投資物件を持ち続けると、他の財産まで失うことになります。

収益を生まない投資物件を持ち続けると、いずれは資金繰りにいきづまってしまいます。

最後は、ローンが返せなくなり、滞納がすると
1.自宅が差押えられ、競売にかけられてしまう
2.給与が差押えられる
3.家賃が差押えられる
4.他の不動産が差押えられる
5.連帯保証人の自宅や給与が差し押さえられる

収益を生まない投資物件を持ち続けると、いずれは資金繰りにいきづまってしまいます。

という事になり、投資物件だけでなく、他の財産も全て失った上、周囲の人々へも大変な迷惑をかける事になってしまいます。

住宅の任意売却と投資物件の任意売却の違い

投資用物件の任意売却は、住宅の任意売却より難しく、より専門的な知識が必要になるため、投資用物件の任意売却実績のある「任意売却専門会社」でないと成立しません。

住宅の任意売却との主な違い

居住不動産ではないので、ローンを滞納したときの借入先の対応は厳しくなる。

借入先が、任意売却にかかる期間を長くみてくれない。(競売に出す手続きが早い)

居住用でないため、買主探しに時間がかかる。

借入金が高額な場合が多く、任意売却価格の交渉がむずかしい。

入居者などの利害関係人との調整が必要になる。

任意売却後に残るローンについて、返済計画を立てることが必要になる。

arrow

株式会社名鉄では、これまで数多くの投資用物件の任意売却を経験してきました。だからこそ、相談者様の不安を解消し、解決に導くことができます。

当社ができること

投資物件の解決事例が豊富なため、具体的な見通しとアドバイスができる。

解決までの流れや借入先への対応、また任意売却後のことなどを経験や実績をもとに、より詳細にお話することができます。
※住宅ローンの任意売却とは、手続きの仕方や解決までの流れが違うため、依頼される会社選びには特に注意が必要です。
トラブルが急増しています。

借入れ先(金融機関)との交渉は当社が全て行います。

滞納の経緯や投資物件についての説明など、あなたに代わり借入先と解決するための話し合いをします。

借主(賃借人)や管理会社との交渉や調整は全て当社が行います。

入居中の方や管理会社などの利害関係人への連絡事項は、当社が行います。

売却後のサポートをいたします。

残ったローンの具体的な対応策や、税金などのこと、不安なことがあればご相談できます。

権利関係に詳しい法律家と連係しサポートします

賃貸人や管理会社など利害関係人と後々トラブルにならないためにも権利関係に詳しい弁護士などの法律家と連係してサポートいたします。

当社では無料相談時に、これまで経験したお話とともに、各金融機関の特性や対応策をお話しすることで、今後の具体的な見通しが立てられるようにしています。

難易度の高い投資用物件だからこそ、私達がお力になれます。費用は一切かかりませんのでまずは、ご相談ください。

専門スタッフがじっくりとお話をお伺いします。お気軽にご相談ください。TEL:0120-83-0033 受付時間:9:00~19:00 [土日祝も対応] 無料相談・お問い合わせ
  • 裁判所から「競売開始決定通知」が届いた方へ
  • 初めて任意売却をお考えの方へ
  • 他社に任意売却を頼んでる方へ
  • 今の自宅に住み続けたい方へ
  • 離婚による任意売却をお考えの方へ
  • 経営難による任意売却をお考えの方へ
  • 投資用物件の任意売却をお考えの方へ
  • 一般の不動産会社に任意売却の依頼をお考えの方へ
  • 弁護士・司法書士に任意売却の依頼をお考えの方へ
  • 各金融機関の特徴を知りたい方へ
  • よくあるご質問
  • 任意売却専門コラム
  • 住宅ローンお困り相談所
  • 私たちの活動がメディアに取りあげられました