任意売却の解決事例

自己破産を予定しているが、税金の滞納を解決したい

すでに競売開始。税金の滞納を解消する方法はないのか?

no image

職業:会社員
年齢:30代
家族:
建物種別:戸建
残債:2,000万円

滞納までの状況

収入が減り、住宅ローンの返済が滞り、競売になった。
すでに自己破産の方向で弁護士に相談している。

相談者様の希望

①滞納している固定資産税を返済したい。
②引越代を捻出したい。

私たちのご提案

・任意売却をすることにより、引越代の捻出と、滞納している税金を納税しましょう。

自己破産をするのであれば、競売で落札されても、されなくても、
残った住宅ローンを返済する義務は免除されます。

しかし、税金の返済は免除されません。

任意売却は競売と同時並行でできること、
自己破産をされるにあたっても、自宅売却後の方が、
破産費用が安くなることをご説明。
すぐに販売を開始しました。

結果

販売から約3ヶ月後、売却成立。

買主様に事情をご理解いただき、
引越費用と税金滞納分を援助してもらいました。
債務はなくなり、新しい生活を始めることができました。

弊社にご依頼いただいた理由

何もしないより、任意売却を試してみるメリットが大きかったので。
仕事上、県外への出張が多く、不在がちだが、
販売の一切を任せることができ、わずらわしさが少ない点も良いと思った。

当社がお手伝いさせていただいた内容

当社がお手伝いさせていただいた内容

★借入先からの売却の合意
★役所からの売却の合意
★販売活動や契約書等書類の作成

専門スタッフがじっくりとお話をお伺いします。お気軽にご相談ください。TEL:0120-83-0033 受付時間:9:00~19:00 [土日祝も対応] 無料相談・お問い合わせ
  • 裁判所から「競売開始決定通知」が届いた方へ
  • 初めて任意売却をお考えの方へ
  • 他社に任意売却を頼んでる方へ
  • 今の自宅に住み続けたい方へ
  • 離婚による任意売却をお考えの方へ
  • 経営難による任意売却をお考えの方へ
  • 投資用物件の任意売却をお考えの方へ
  • 一般の不動産会社に任意売却の依頼をお考えの方へ
  • 弁護士・司法書士に任意売却の依頼をお考えの方へ
  • 各金融機関の特徴を知りたい方へ
  • よくあるご質問
  • 任意売却専門コラム
  • 住宅ローンお困り相談所
  • 私たちの活動がメディアに取りあげられました