新着情報

住宅ローン返済ができないときの相談先について

相談員の佐川です。

ローンの返済ができないときの相談先は、利害が一致していない銀行へ相談に行っても

解決することができないケースが目立ちます。

 

銀行は、お金を融資するときの手数料を目的として顧客獲得を行っていますので、

慈善事業のような悩み相談を受け付ける暇はありません。

 

ローンの契約をする際には担保を設定するので、支払えなくなればその担保を取れば【競売手続き】

銀行の懐は痛まないようになっています。

待ってはくれませんし、支払えなくなったからと言って都合の良い条件は認めてもらえないので

銀行への相談は間違いかもしれません。

 

銀行に相談をするとしたら支払の猶予相談もありますが、ローンの借り換えの話になることがあります。

これは、実行をしたときの金利が今よりも高かった場合には、低金利になっている近年では有効ですがそれでもしっかり融資の際の手数料は取られます。数千万円の残りがあれば、数十万円以上はかかるのでここでも儲けようとしてくるのが金融機関です。

 

銀行への相談は間違いかもという根拠はここにあり、何の相談をしても自分たちが儲かるような方法を提案してくるので、親身になってもらいたいなら相談するべきではないかもしれません。

住宅ローンの返済が難しい場合、マイホームを売却することになりますし、支払いを待ってもらうのにも限度があります。

 

ローン返済ができない、またはできなくなる、といった事情により今後のことを相談する先は、一般の不動産会社ではなく、ローン問題解決に特化した不動産会社になります。

 

銀行は担保があるので、払えなくなればそれを換価処分【競売手続き】すればよいだけですし返済ができなくても問題にはならないのが実情です。

 

そういう意味で、真の意味で相談に乗ってもらえるのは銀行ではなくて専門の会社だと考えます。

専門スタッフがじっくりとお話をお伺いします。お気軽にご相談ください。TEL:0120-83-0033 受付時間:9:00~19:00 [土日祝も対応] 無料相談・お問い合わせ