新着情報

住宅ローンを毎月遅れながら支払っているというリスク

相談員の佐川です。

 収入の減少などが原因で、住宅ローンの返済が思うようにいかず、毎月遅れているというあなたに読んでいただきたい。

 

一般的に住宅ローンはきわめて厳格な審査を行い、返済できる経済的な基盤のある人に限り特に低い金利で大きな金額を貸し出しするものですので、毎月の定期的な返済の継続は必須となります。

 

返済が毎月遅れていると、さまざまなデメリットが生じます。

 

ローンの支払日に引き落としができず、それが本当にうっかり1回遅れたということであれば金融機関への説明で済む場合もありますが、常態化していくと金融機関側からの印象が悪くなるだけでなく、いわゆるブラックリストへ登録されて新たなクレジットカードの作成やローンの申込もができなくなるおそれがあります。

一般的には3回の遅延でブラックリストへの掲載となることとされています。

 

滞納が常態化すると督促状が届き、「期限の利益の喪失」を予告されることとなります。

これはローンの残りの金額を一括返済するよう要求するもので、最終的には自宅を売却せざるを得なくなります。

返済が毎月遅れていると、信用情報に傷が付き最終的には住宅を手放さなくてはいけなくなるなどのデメリットが生じます。その前に、今後の支払い目途【収入増や親族からの援助】がたっているのであれば、借入先の銀行へ行き、借り換えやリスケジュールの相談などの対策を行いましょう。

 

ただし、ここで重要なのが支払いの目途がたっていないにもかかわらず、その場しのぎで返済の見直しなどをしてはいけません。

 

あなたの大切な家族の未来が明るくなるには、何をしなければならないか?を

一緒に考えてくれるローン解決を専門とする会社へ相談してください。

専門スタッフがじっくりとお話をお伺いします。お気軽にご相談ください。TEL:0120-83-0033 受付時間:9:00~19:00 [土日祝も対応] 無料相談・お問い合わせ