新着情報

ローンの返済を猶予してほしい人

相談員の佐川です。

 

 コロナの影響、長引く不景気で、ローンの返済を猶予してほしい人が増えています。

 

銀行に相談してローン返済の猶予を得ることはできますが、それでは根本的な解決に導くことはできません。

それではどうすればよいのかというと、返済猶予手続きをしてさらに長期の返済に苦しめられるか、もう一つはマイホームを売却して、その代金でローンの返済をしてその後はローン返済に苦しまない日常生活を選択することになります。

 

もちろん、売却代金は残っているローンの金額を下回ることもありますが、現在支払えないローンが一年後や二年後にスムーズに支払える保証はありません。

現時点で支払いに苦しめられているのであれば、思い切って売却してその代金をローンの支払いに充てることで平和な日常生活に戻ることができます。

 

ローン返済の猶予は、今後収入が増える見込みがある場合にはよいですがそうでなければ苦しみを後回しにするだけです。日常生活でローン返済に苦しめられている人は多いですし、最近は思い切った売却をして人生をリセットしている人も多くいます。

 

あなたや家族にとって、マイホームという「もの」を守ることが大切なのか・・・

 

後戻りのできない、あなたや家族の人生(生活)を守るのか・・・

 

あなた自身が選択しなければなりません。

 

銀行は借り換えなどを進めてきますし、実際に猶予の相談をしたことがある人が多くいます。

確かに借りた時よりは金利が低くなっているので総支払額や月々の支払額は下がるのですが、それでも数か月後、支払いが厳しくなり、無理をした結果、競売になって慌てて相談にくる人があとを絶ちません。

 

こうした例は珍しくないですし、月々のローンは待ってくれませんのでそこから楽になりたいなら売却をしてその代金でローンを支払うのがお勧めです。

ローン返済の猶予の相談をする目安は、今後の収入がアップする見込みがある場合にはする価値がありますが、そうでなければ売ることも考えるとよいでしょう。

 

ただし、その際には必ず、住宅ローン問題を解決することを専門としている会社へ2社以上は相談してください。

 

 

 

専門スタッフがじっくりとお話をお伺いします。お気軽にご相談ください。TEL:0120-83-0033 受付時間:9:00~19:00 [土日祝も対応] 無料相談・お問い合わせ